VITA the car maket the life happy
MENU search
facebookinstagram

細かなヒビや黄ばんだヘッドライトなんてかっこ悪い!キラリと輝くヘッドライトを取り戻そう。

いつの間にか、愛車のヘッドライトが黄ばんでしまって「かっこ悪いな」と思った経験はありませんか?
ヘッドライトの黄ばみはかっこ悪いだけでなく夜間走行の安全面にも影響を及ぼし、車検が通らないなんてことも。そうなる前にできるヘッドライトの黄ばみ対策をお教えします!

ヘッドライトはなぜ黄ばんでしまうか知っていますか?

ここで、読者の皆様にヘッドライトがなぜ黄ばんでしまうのか解説します。
昔のヘッドライトはガラスでできていました。事故現場でライトの割れた破片が散らばっているなんて光景を見かけたこともあったかと思います。
ガラスは割れやすく路面に散らばったときに危険なこともあり現在はほぼ使われていません。そこで登場したのがポリカーボネートという透明度の高いプラスチックの一種でできたヘッドライトなのです。

黄ばみの理由はヘッドライトの素材に原因があった!?

ポリカーボネートという素材は、その特性上、紫外線に弱く長い年月とともに劣化し、表面に細かなキズやひび割れ(クラック)、黄ばみが起こってしまいます。また、新品時は劣化を抑えるためハードコートで守られていますが、ハードコートも紫外線や風雨に侵され黄ばんでしまいます。
つまり、ヘッドライトの黄ばみは必ずおきてしまう宿命なのです。


黄ばんでひび割れがおこってしまったヘッドライト交換するしかないの?答えは「NO」です。

ひび割れがおこったり、黄ばんでしまったヘッドライトは、光量が不足し車検で不適合とされてしまうことがあります。そうならないように、愛車のヘッドライトは直してしまいたいものです。
ですが、ヘッドライトの交換となると5万円ぐらいから、車種によっては数十万円してしまうものもあり、非常に痛い出費になので、修理ができるなら修理のほうが安上がりですね。

安心してくださいヘッドライトのひび割れ(クラック)、黄ばみは修理できます。

例えば、何年も不動のまま屋外に放置されたままになっていて、ヘッドライトが真っ白になってしまい、強く押すと割れてしまうようなものは無理ですが、普通に使用している車であればヘッドライトの黄ばみは修理できます。
最初に説明したとおり、黄ばみは表面にできた劣化によるものなので、劣化した表面を削って表面がツルツルするまで頑張って磨いていけば透明になります。そして、ハードコートを施せば、愛車のヘッドライトは新車と同じ輝きを取り戻すことができます。

ヘッドライトリペアはヘッドライトの状態にもよりますが4,900円〜30,000円ぐらいです。
>ヘッドライリペアの詳しい情報はこちら

ヘッドライトの黄ばみは再発します!

新車の輝きを取り戻したヘッドライトそのままでいいのでしょうか?黄ばみの原因を思い出して見てください。ヘッドライトは経年で表面が劣化するのだから、せっかくキレイになったヘッドライトもやがて黄ばみます。つまり、キレイにする→黄ばむ→キレイにするとイタチごっこになってしまうのです。
実は、ヘッドライトの劣化を防ぎ黄ばみの発生を抑える手法があります。

そうだ、紫外線をカットする強靭なプロテクションフィルムで覆ってしまおう。




黄ばみの原因が風雨や紫外線にあるのなら、ヘッドライトの表面に直接それらをさらさなければ黄ばみは発生しません。海外の超高級車と言われるクルマのボディに使われている紫外線を99%カットするプロテクションフィルムで、表面を覆ってしまえばヘッドライト本体の劣化を防ぐことが可能なのです。伸縮性がある強靭なフィルムは飛び石などによるアクシデントからも守ってくれます。
だからフィルムを剥いでしまえば、ヘッドライトはきれいなまま。せっかくキレイにしたヘッドライトを長くそのままでいるためにも、プロテクションフィルムを施工してみてはいかがでしょうか?
価格も20,000円〜と以外にリーズナブル!



黄ばみやひび割れを予防するヘッドライトプロテクションフィルムをご紹介

小さなキズは自己修復してしまうプロテクションフィルム「Xpel」




当社ではパートプロテクションフィルムとしてご案内している「Xpelプロテクションフィルム」は、細かなスリ傷ぐらいであれば自己修復してしまうすぐれものです。伸縮性に優れたフィルムで、曲線にもピッタリとフィットし、貼った場所を紫外線と傷から守ります。1枚のシートを貼るので複雑な形のヘッドライトには施工できない場合がございます。

>Xpelプロテクションフィルムの詳しい情報はこちら

新発想のペイント式ヘッドライトプロテクションフィルム「Fenix SG Headlight」




「Fenix」ブランドのプロテクションフィルムは、塗装のようにクルマのヘッドライトやボディに、霧状に吹き付け乾燥するとフィルムとして機能する新発想のプロテクションフィルムです。5層構造からなる非常に丈夫なフィルムで愛車をしっかりとガードします。ペイント式なので複雑な形のヘッドライトにも施工可能で、ヘッドライト包み込むようにガードします。

>Fenix SG Headlightプロテクションフィルムの詳しい情報はこちら

ヘッドライトリペア&プロテクションフィルムの施工例



ヘッドライトリペア前と後

Xpelプロテクションフィルム施工風景と施工後

Fenixヘッドライトプロテクションフィルム施工風景と施工後




RECOMEND関連記事

Instagram