VITA the car maket the life happy
MENU search
facebookinstagram

オイル交換や故障修理など、輸入車のメンテナンスポイント

一口に輸入車といっても、イタリア車やフランス車と、ドイツ車とではポイントも異なります。
とくに欧州車は定期交換の部品が多めで、部品を交換することによって、車両のロングライフを実現しています。
プレーキパッドを交換する方は多いと思いますが、ブレーキローターも定期交換になります。部品が高価な輸入車では、並行輸入品や社外優良品の部品独自ルートがありますので、金額に大きな差が出てきます。

日常のオイル交換や故障修理など、輸入車のメンテナンスポイントを説明します。

一口に輸入車といっても、イタリア車やフランス車と、ドイツ車とではポイントも異なります。
アメリカの車では、さらに全く性格が違いますし。

それに、なんかおかしいような気がする、ちょっと調子が悪い、みたいな、人間でいう不定愁訴のような症状でお困りのかたもいるかもしれません。

一般的に、輸入車に言えるのは、次のようなポイントです。
・ベルトやブッシュ、マウントなどゴム系部品の劣化が早いので、早め交換がおすすめ
・接触不良などによる、エアコン、電装系のマイナートラブルに注意
・予防の観点からも、少し早めにオイル類を交換

また、とくに欧州車は定期交換の部品が多めで、部品を交換することによって、車両のロングライフを実現しています。
プレーキパッドを交換する方は多いと思いますが、ブレーキローターまで定期交換になります。
部品が高価な輸入車では、並行輸入品や社外優良品の部品独自ルートがありますので、金額に大きな差が出てきます。

弊社では、オイル交換など、通常のメンテナンスレベルから、エンジンやミッションのオーバーホールなど大きなものまで対応できます。また、クルマ自体は問題ないけれど、色褪せが気になる、という方へは、塗装修理もできます。

ほかには、純正同等品質でのカーステレオやスピーカー、ナビ、ドライブレコーダー、各種メーター類の取り付けにも対応できますので、ご相談ください。

メンテナンスのついでに、ドレスアップやチューニングも歓迎ですので、お気軽にご相談ください。

RECOMEND関連記事

Instagram