VITA the car maket the life happy
MENU search
facebookinstagram

RAYS TE37ブロンス リム修理完成

走り系オーナーに根強い人気のTE37ホイール。
縁石にヒットしてしまったようでリムがガリガリ、、、
曲がりはないようですので一安心ですが、透明度のある「ピカッ」とした風合いを再現するのは工夫が必要です。

あ〜ぁ、やってしまいましたね〜〜〜、、、

ガリガリ、、、、、

これくらいの傷のリペアでしたら「アルミを盛って整形してペイント」とすんなり修復できるのですが、

このTE37のブロンズカラー、

ディスク面はツヤのないゴツゴツ感、

リムは素材の透けたアルマイト感、

一筋縄ではいきません。

さらに、、、、

紫外線によって色が薄くなってしまうため、毎回出会うホイールの色味が違います、、、

あー、まさにペインター泣かせです。

でも、生活キズがつくたびに買い換えていてはお財布が大変なことになってしまいますので、安全性に問題ない範囲でしたら修理で「無かったこと」にしてしまいましょう。

ではでは、修理スタート!

1:キズの部分をなめらかに削り、削れてなくなってしまった箇所にアルミを盛ります。
2:小傷も含めキズの範囲が全周にわたっておりましたので、リム全体を研磨しながら整形していきます。

3:整形が完了したところで、問題の調色作業です。
  「透けたアルマイト感」を再現するために、透明度の高い色を調色し重ね塗りすることで色の風合いを再現していきます。

4:最後にクリアー塗装をツヤ感に注意しながらペイントして完成です。

長野はちょうどスタッドレスタイヤからノーマルタイヤへ履き替えのシーズン。

綺麗になったTE37を履いて気持ち良く春のドライブを楽しんでくださいね。

ではでは。

RECOMEND関連記事

Instagram